Smoky

日本のロックで私が最もかっこいいと思う曲の話。

その曲とはズバリ!Charの“Smoky”☆

これに尽きる。とことん突っ走ってるハイパー級のロック・チューンと呼びたいね。何度聴いても飽きない。

実はCharって、大学に入るまでは名前しか知らなくて、曲はまったくと言っていいほど聴いたことがなかった。聴くきっかけになったのは、サークルの定演での先輩のコピバン。そのとき彼らは“Smoky”他をやっていた。ほぼ同じ時期に、どっかの大学との合同ライヴ@吉祥寺で、あちらの大学のバンドがピンク・クラウドのコピーやってて、「ああ、Charってのはこういう存在か‥」と認識した次第。“こういう存在”とは、つまり腕に覚えアリ系のバンド人間、はたまた“俺たちはお前らとは違う”系バンド人間なんかに支持されるアーティストだってこと。あの当時のバンド野郎どもがよく手を出していたのは、ボン・ジョヴィとかガンズとかエアロスミスとか、そういう路線。Charをやるってのはそういう連中とは一線を画した感じだった。

この“Smoky”、私は2つのスタジオ・ヴァージョンを持っているんだけど、1つは当然オリジナル・レコーディングでもう1つはL.A.のスタジオ・ミュージシャンらと録ったヴァージョン。後者は“U・S・J”というアルバムに収録されていた。この“U・S・J”の“Smoky”…ドラムはジェフ・ポーカロ、サイド・ギターはスティーヴ・ルカサーである。TOTOの屋台骨の2人だ。この時点で買う前から相当な期待を寄せていた。・・にも拘らず、聴いてずっこけた 正直なとこ、オリジナルの“Smoky”と比べちゃうと、「なにこれ!??」って感じ。何がつまんないって、よりにもよってポーカロのドラムよ。あのポーカロなのに、「こんなことがあっていいんだろうか?」ってくらい退屈なドラムで、完全に曲をスポイルしてしまっている。果たしてこの最悪のドラミング、ポーカロ自身のセンスでこうなったのか、それとも他のトンマがイニシアチヴを取ってこんなんなっちゃったのかは不明。ただこのアルバム、クレジットを見ると錚々たるL.A.軍団であるが、1人良からぬ名前も見られる。そう、デヴィッド・フォスターである(大笑!!!) 彼が参加していることで、「もしかして…」と勘繰りたくもなるものだ(-_-;) ドラムだけじゃなく、全体的なサウンドもしょーもないから。

一方、オリジナルの“Smoky”、これはデビュー・アルバム他ベストやらなんやらに収められているヴァージョンで、私がこよなく愛する“Smoky”はこちらである。ほんと、歴史的名演と呼びたいくらいの圧巻の出来栄えで、シカゴのとこでも書いた、“これがロックだバカヤロー!!!”が凝縮されている。当時Charはまだ20歳そこそこ。その若さも作用しているんだろうが、とにかく圧倒的な疾走感、ドライヴ感、勢いがあり、聴くと高揚せずにはいられない。強力なエネルギーを放射しているね。加えてあの荒々しさ!ロックの必要十分条件を見事に備えた曲と言っていい。アグレッシヴで鋭角的なメロディーもグレイト あの曲にはああいう感じのメロディーしかないだろ、うん。それにしてもCharのギターのキレっぷりの気持ちいいことよ 例のイントロの裏拍のキメの直後の“ギュワアァォン”ってアーミングが既にキレてるし(笑) Charの体に染みついたジミヘン・イズムだなあれは。思うんだが、Charのギターって常にグルーヴしてるよね。バジー・フェイトンのギターもグルーヴしてるけど、Charはよりロックの匂いがする。サンタナがそうであるように、ギターの音色も独特の個性があるね。高域が耳につかない枯れ気味の音。歪み方はそんなに深くなく、「ブリッ!」って感じの音。Charってギタリストはテクニックを売りにするギタリストじゃないが、それでもやっぱ上手いんだよね。独特の呼吸、または間があるんだな、彼のギターには。それがなんとも言えんRAWな臨場感を生んでいる。スタジオ録音聴いても、凄くRAWな感じがする。そこんとこが彼の1番の個性だと、私は思っている。そして真似しようにもできんところだ。

“Smoky”の凄いところはCharだけではなくて、実を言うと私はChar以上にバックに魅力を感じている。ローズのソロも非常に素晴らしい。でもそれ以上に素晴らしいのがリズム隊。痺れます。いや、本当に凄いよ、この曲のドラムとベースは。これがために“Smoky”から離れられんと言ってもいいくらい。“U・S・J”のへなちょこヴァージョンと比べてみるとよくわかる。この曲がこんなに凄まじくドライヴしているのは、つまりはリズム隊が抜群だからだ。あたかもダッジ・チャレンジャーR/Tがハイウェイをぶっ飛ばしているかのよう。フェラーリじゃなくて、あくまでマッスルカーのチャレンジャー。フェラーリみたいにスマートに速いんじゃなくて、荒っぽくグルーヴ感あるスピードって感じ。まさにアメリカン・マッスルのチャレンジャーのように。この表現わかってもらえるだろうか?(笑)

そんじゃ、オリジナル・ヴァージョンと“U・S・J”ヴァージョンを借りてきて貼っときますか。私がダラダラ書くより聴いた方が早い。どっちがロックに聴こえますか??



Char
ポニーキャニオン
2008-11-19
Char
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Char の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

jin
2012年03月17日 23:45
こんばんは。おっSmoky来ましたね!
かっこいい曲。カッコよすぎて反則ですわ。
自分はU・S・Jバージョンから入ったのでオリジナルバージョンを聴いた時はこんなんあったのかと驚きました!
オリジナルバージョンはよりバンドのバイブが直に伝わってくるのでロック好きな人はこちらが好みなんでしょうね。ボトムがファンクしててたまらんです。
USJバージョンは、中間ブリッジのアレンジがギターソロ~ピアノソロでの空気のつくり方がすばらしいと思う。演奏もいいと思うんですけどもいかんせんミックスが好みじゃないです。音の作り方が当時のAOR的なものになってますよね。ちょっと軽い。ミックスって大事です。最近自分で作ってみてつくずくそう思います。

最近携帯プレーヤーにいれて持ち歩いているのは、今風にアシッドジャズな感じでアレンジされたこちら↓の2000年バージョン
http://www.youtube.com/watch?v=kggYzCsk1eM
ご紹介の2つバージョンの中間といった感じかな?
2012年03月19日 13:00
う゛をー、jinさん・・コメント中に“バイブ”って単語が入ってたため、スパム・フィルターに引っかかっちゃってました(大笑!!) いやー、ごめんなさいね~ さっき気付いて、今公開させていただきました。

オリジナルの“Smoky”のかっこよさは、ほんと反則!! 有り得ないくらいのテイクですね。U・S・Jヴァージョンの何が気に食わんって、例のイントロのキメにシンセブラス入れてること。何を考えておるのかと・・。あれでいきなり「くっさー」ってなりますな。ポーカロのドラムも、きっと彼にはちゃんとディレクションが伝わってなかったのかもしれませんね~。さもなくば、誰かが意図的にああいうドラムを指示したか。でなきゃ、あのジェフ・ポーカロがあんなサゲなドラム叩くはずないもん。

おっしゃる通り、U・S・Jの音は軽いですね。ロックの音じゃないです。綺麗すぎてシティ・ポップスのように聞こえます。Char本人があのアルバムについて、どんな見解を持っているのか興味あるところ。なんかのインタビューで回答してるかもしれないですけど(~_~;)
jin
2012年03月22日 00:16
そこかっ!そうだったんすか。
おかしいなって何回もコメント行ってたと思います。すみませんでした。
私自体がスパムでなくてよかった(笑)
2012年03月22日 06:45
jinさんをスパム指定するワケないぢゃないですかー

私のブログって、プロバの方でデフォの規制ワードが設定されてて、その中に“バイブ”ってのが入ってたようです(笑) 今後はのカキコは“ヴァイブ”にした方がいいかも(爆×5)
maho
2012年03月22日 21:00
Charといえば、「逆行線」が好きでした(アイドルと呼ばれておられた頃ですよね)
アイドル雑誌でも当時は御見かけしまして、
「Charのギター講座」とかありました。

「Lightning Blues Guitar Fes」DVD、
引っ張り出してきたいと思いますん

2012年03月23日 05:12
mahoさん、Charも聴くんですか?? いやー雑食ですね~(笑) ・・ってか、私も同じですけど(^_^;)

そうそう、Charって昔は原田真二なんかと同じような扱いを受けてたらしいですね。でもあのギターのワイルドさや、皮肉っぽい雰囲気からアイドルってのもなんだかな~って思いますな(笑) マスコミの操作ってのはコワいですよね。

話変わって、今から10年ほど前、私は東京の東馬込というところに住んでいたんですけど、大井町線で会社に通っておりました。その沿線の戸越公園にCharの通った高校があることをつい先日知りました(^_^) ミョーな親近感を覚えてしまったGINOなんです(大笑!!)
ヤンシュウ太郎
2016年09月06日 16:47
ホントだよね(笑)ジョージは凄い。最初見たのがコッキーポップで 三曲演奏してた時かなー。それから何十年もスモーキーを聞いて来たけど、ジョージのベースは何やってんだか解んない位凄いよね。デッカイ音で聞いたら腹にボコボコパンチされてるみたいなベースに虜になるよね(笑)あるいは昔は皆こんな感じでパンチがあったかも。あとピンクやってからの渋谷公会堂のマーちゃんのスモーキーも凄いよね。ミッキーがいたからかな? カップスの時に戻ったようにこれぞ天才ってベース弾いてます!ジョージは死んじゃったみたいだけど、マーちゃんには長生きしてもらいたいです。昔の雑誌でスティーブフォックスが好きなベーシストはって聞かれてマー坊って答えてたっけ(笑)
2016年09月06日 20:20
ヤンシュウさん、初めまして。よくいらしてくれました

最近すっっっかり放置プレイの当ブログ・・・もはや誰も見てくれちゃいないだろうと思ってましたが、こうして遊びに来てくださる方がいると、やっぱ嬉しいっす!

ときに、Charの当時のベーシストはGeorge Mastichって方なんですね。ヤンシュウさんがジョージジョージと言うんで、調べてしまいました(笑) 実はCharの人脈はほとんど知らないんです それにしてもタダモノではないですよ、あのテイクのリズム隊は ピンクラのグルーヴともまた別物の凄味と荒々しさがあって、めっさ気に入っております。

なんか今時、ああいうロックがなくて面白くないですわ。TVやFMで流れてる曲聴くと、どれも同じようなメロで同じような歌い方。すかさず消します(大笑) 誰かがそういう風にシーンを操作しているんでしょうな。
ヤンシュウ太郎
2016年09月07日 11:13
ちなみにジョージの妹はチャーの昔の嫁さんです(笑)だから義理兄になるんですね。ドラムのロバートブリルはチャーと離れた後ベルリンって外国のバンドで映画のトップガンのサウンドトラックとかやってましたね(笑)フェラーリのようなスピード感って言葉を聞いて、あー解ってる人には解るんだなーって興味を持ちました。私も大体トト系統は嫌いでしたよ(笑)でもジョージも凄いけどスモーキーのベースだけで言えば前回お話した渋谷公会堂のマーちゃんには敵わないかも知れませんよ(笑)一度聞いてみて下さい。また
ヤンシュウ太郎
2016年09月07日 11:50
たびたびすみません。チャーの事言うの忘れてました(笑)チャーは最近でも渋味を増して頑張ってくれてますねー。正直ホント好きなんだなーって嬉しくなります。でも自分が聞いてきて一番炸裂してたのは、ゴダイゴとやってた時かなー。あの頃は本人も言ってるけどいろんな苦しみ焦り怒り(笑)とかあったらしいから、それが演奏で爆発してるよね。ゴダイゴとやってた時のスモーキーを聞けなかったのが残念です(笑)キンちゃんが司会してた第一回目の24時間テレビの時の尋常じゃない炸裂ギタープレイは残ってるけどスモーキーはやってなかったもんね。多分武道館で男だけのコンサートやったツアー見た人位しか、チャーとゴダイゴのスモーキーは聞いてないんじゃないかなー。チャーは若い時ゴダイゴに入ってたかも知んないって言ってたけど、合わないよね(笑)あくまでバックバンドとして使ったから凄い演奏聞けたんだと思います。また
2016年09月07日 15:44
CharはYouTubeでよく見るんですが、いつのライヴだか知らないけどポール・ジャクソンがベース弾いてるやつを見ました。これが凄かった~!ポール・ジャクソンといえば、ハンコックのヘッドハンターズのベースで、あんなゴリッゴリのベースを弾くとは思ってなかっただけに、えらい驚きましたよ。

ゴダイゴとやったスモーキー、見たいなァそれ そんなもんの存在すら知りませんですた。ベースといえば、スティーヴ・フォックスもかっちょいいベース弾きますよね。モンキー・マジックのイントロだけで「この人やるな~」って思いました
ヤンシュウ太郎
2016年09月07日 17:16
たびたびすみません。スリルではA面がジョージ、ロバート。準がバックでB面がゴダイゴがバックって変則でやってますね。ワンダリングアゲイン以外はA面がいいかなーって思います。デビューからの三枚のアルバムどのみち他の日本人には未だにできない領域かも知れませんね
ヤンシュウ太郎
2016年09月08日 08:28
ポールジャクソンはドラムのジムを悪く言って怒ったチャーが首にしたと聞きました。黒人特有のファンキーさと分厚いパワーのあるベースでしたね。私が30年ほど昔に東京にいた時はプリンスが好きで来日したコンサートはほとんど見に行きましたが一番最初横浜スタジアムにきた時はチャーも一緒に行ってました。知り合いがチャーのマネージャーみたいな仕事していて、良く銀座のスモーキースタジオとかに遊びに行ってたんです。それより前からチャーがライブでプリンスの曲バンビとかやってたんで、あーやっぱりプリンス好きだったんだなーって嬉しくなった記憶があります。帰りの車の中でチャーがパープルレイン歌ってましたよ(笑)
2016年09月08日 13:50
あらら、ポール・ジャクソンってクビだったんですか そういうの聞くとなんか残念・・。Charとプリンスってのも繋がりとしてはちょっと意外なものがありますね。やっぱ、いいミュージシャンってジャンルを問わず聴き漁っているんだなあ。ロックだったら何でも知ってそうですからね、あの人。ディープ・パープルとユーライア・ヒープのことはあんまりよく言ってませんでしたけど(笑)
ヤンシュウ太郎
2016年09月22日 13:38
たびたびこんちわ!ちなみにスモーキー飽きた時はカルメンマキオズなんか最近聞いてまーす。何かロック、プログレ、フォーク、演歌までミックスした様な日本独自のロックが昔はたくさんあったなーって思います。決して海外の真似でレベルダウンした音楽じゃないレベルが高いものもたくさんありましたね。実際ミュージシャンも山内テツとか海外のトップでバリバリやってた人もいたし。やっぱり今みたいに情報だけ過多だと本質を見失ってうわべだけなぞる物事が日本では増えているのかもしれません
2016年09月23日 10:26
ヤンシュウさん、どうもです

残念ながら、カルメンマキも通らずに来てしまったんすよ、この私(-.-;) YouTubeで“私は風”とか見たことありますが、ぶっちゃけ今時のガールズ・ロックなんか問題にならない存在感がありますね。日本のシンガーのオーラではなくて、ジャニスとかグレイス・スリックとかに近いものを感じました。

最近のロックについて思うのは、国内海外問わず、音の録り方とかムードが全然違ってて、臨場感が薄っぺらくミョーに人工臭を感じちゃうことです。わかりますかね、このニュアンス??極端に言っちゃえば、例えばギターならアンプシミュレーター通したライン録りみたいな音に聞こえちゃうってことです。確かそんなことをどっかの記事で書いたかも。
ヤンシュウ太郎
2016年09月23日 12:24
機械がやるんだから、音楽じゃなくなって来てるのかも知れませんね。全て薄っぺら。世の中の風潮と同じかも。機械の能力が上がると、人間は頼り過ぎて、技術力、表現力も低下するでしょうし。山内テツとかカッコ良かったなー。いきなりロッドスチワートとかフリーとか海外のトップバンドの正式メンバーでやってたもんなー。あれってもしかして日本人?って嬉しくなったもんです。
2016年09月23日 18:06
山内テツかあ…。よーく名前は聞く人ですが、プレイを聴いたことがないという

昔フリーはよく聴きましたが、持ってるアルバム全部アンディ・フレイザーのベースですた(~_~;) “ファイアー・アンド・ウォーター”あたり、20代の頃の愛聴盤でしたよ。70年代のロックはZEPを始め外タレどっぷりだったため、邦人をほとんど知らないんですよねえ。鈴木茂は好きですけど。

そういや土屋昌巳の元ジャパンってのも、今考えりゃ凄いものがあるなあ、と…。
ヤンシュウ太郎
2016年09月24日 23:14
鈴木茂も土屋昌巳も皆上手かったもん。今はあのレベルの若いギタリスト自体いないですもんね。あんまり寝たり飯食ったり風呂入りながらも(笑)練習とかしないんじゃないかな。フリーはアンディよりテツのほうが良かったです。バキバキゴリゴリだから(笑)ジョー山中とかとやってるのYouTubeに出てたけどやっぱり音デカイし、普通じゃない事はすぐわかります(笑)
ヤンシュウ太郎
2016年09月25日 15:42
スモーキーから話がすれてすみません(笑)また戻るとは思いますが。
2016年09月25日 19:25
あーそうだ、邦楽あまり知らない私が好きな邦人バンドありました☆ ショーグンです(^o^) あと、ベストくらいしか聴いてませんが、クリエイションもかっこいいなあと思いましたね。

そういえば、ZEPのジョンジーが岸部イットクのベース聴いてたまげたというエピソードがあるらしいですね。「あいつ紹介しろ」って。
ヤンシュウ太郎
2016年09月25日 20:15
サリーは天才です(笑)何をやっても素晴らしいし。マチャアキだってチャップリン並みのだし。昔の芸人は何をやらせてもピカ一でしたね。でないと芸能人なれなかった時代だし。ボンゾは一回生でみましたけど、やはりロック、ジャズ等分野に関わらず私の中ではナンバーワンです。実は凄いタイトなんだもん。パワフルでタイト。しかもスゲー、ロールするんですよ。音が。ショーグンは西城秀樹のバックバンド当時から好きでした。クリエイションも大好きです(笑)
ヤンシュウ太郎
2016年09月25日 21:42
追伸ですが、ふと、ツェッペリンでサリーがベース弾いてるの想像してました(笑)多分全然通用するんじゃないかなー。ちょっと違うツェッペリンが見れたかも知れない。チャーも一度やれば良かったのにね。海外で。タワーオブパワーとかお誘いあったんだから…
2016年09月26日 15:47
ヤンシュウさん、ボンゾを生で見た大先輩でしたか・・!! 羨ましいことこの上ないです CharのTOPってのも、実現してたらエラいことですね。でも、CharのプレイスタイルとTOPのサウンドって、どうかなァ~?って気もします(笑) TOPと朱里エイコのコラボ曲聴きましたが、これはよかったです。朱里エイコ天晴!マジうま!!
ヤンシュウ太郎
2016年09月26日 16:52
タワーオブパワーでやるくらいなら、日本で自分でやってたほうが、と思ったらしいんですが。チャーほど魅力持ってたら違う海外での道も開けたと思うんです。そういう意味で勿体ないかな。それこそスモーキー出した頃にスティービーワンダーに会いにアメリカまで行ってる訳だから、そのまま向こうでやってれはな、と思います。でも海外で成功するだけが素晴らしい事じゃないしね。 そういう意味でスーパーはなんせ坂本九さんでしょう
ヤンシュウ太郎
2016年09月26日 16:52
タワーオブパワーでやるくらいなら、日本で自分でやってたほうが、と思ったらしいんですが。チャーほど魅力持ってたら違う海外での道も開けたと思うんです。そういう意味で勿体ないかな。それこそスモーキー出した頃にスティービーワンダーに会いにアメリカまで行ってる訳だから、そのまま向こうでやってれはな、と思います。でも海外で成功するだけが素晴らしい事じゃないしね。 そういう意味でスーパーはなんせ坂本九さんでしょう
ヤンシュウ太郎
2016年09月26日 19:16
そうでなくても最近はコメント私だけなのにダブって入れてすみません(笑)朱里エイコの足には悩殺されました!
ヤンシュウ太郎
2016年09月26日 21:29
朱里エイコは足に一億円だの保険をかけてるって売り文句で有名なシンガーだったんですよー。色んな意味でずいぶんお世話になりました(笑)
ヤンシュウ太郎
2016年09月26日 22:57
GINOさんはギタリストなんですか?ベーシストかな
2016年09月27日 04:50
私はかつてギターを弾いておりました。しかし今は引退しております。弾くの止めてかれこれ15~6年になりますね。もう全然弾けませんし、再び弾こうとも思っておりません。完全終了(笑)

朱里エイコの足の保険の話は知っております。映像で見る限り、確かにいいアンヨしてましたね 歌もハンパじゃないし。
ヤンシュウ太郎
2016年09月27日 15:32
そうですかー。それは勿体ないですねー
ヤンシュウ太郎
2016年09月27日 18:25
初めて他の記事見たんですけど、これ全部GINOさんのブログなのかな?ギターとか音楽とか仕事とか色々ありました。感服致します。スモーキー以外でもスゲーパフォーマンスとかあったらお話し合いたいですね(笑)

この記事へのトラックバック