初期不良・・・

2年ほど前に、社内イベント用にと中古で買った高倍率ズームレンズ、ニコンAF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-EDの手ぶれ補正機能(VR)がイカれてしまった。このレンズ、確か\29800くらいで買った。で、VRを直すのにかかる費用がなんと\30000以上(ニコンSC)。そんな金かけて直したってしょーがない。こりゃ他のレンズ買うしかなかろと、色々考えてチョイスしたのがタムロン18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B008)。カメラのキ○ムラで未使用アウトレット品が\25980。シグマの18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMと迷ったのだが、程度がよくて予算的にOKなものが見つからなかった。シャープな絵に定評のあるシグマもちょっと捨てがたかったけど、ズームリングの回転が純正と同じで、しかも未使用品というところに惹かれタムロンにした。これまでタムロンのレンズはいくつか使ってきたが、濃い目の色味とか嫌いじゃないんだよね。SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)なんか安い割によく写るし、かなり気に入ってる。

そんなワケで1/8、キタ○ラに赴き、ニコン18-200mmを下取りに出していくらか割引で購入。成人式前日の1/10、早速テストがてら大宮公園で早々に咲き始めた梅の花を撮りに出掛けた。良く晴れて寒くもない冬空の下、好条件の撮影を楽しんだあと氷川神社にお参りして帰宅。さ~て、ニュー・レンズはどんな塩梅かな~?とLightroomを立ち上げ絵をチェック。見て「えっっ!?」って思ったのがその絵の甘さ。甘いというか、ぶっちゃけピンボケ・・。

画像

画像

画像


すべて花にフォーカスを合わせて撮影。縮小してるんで分かり辛いかもしれんが、どこにもピントが合ってないんだなこれが。手ぶれではない。ピンボケである。

18-270mmというズーム幅故、テレ端が甘いとかいうのはあちこちで見聞きした感想だが、それにしてもこれはおかしいだろ。実際、Photohitoで本レンズの作例を確認してもみんなよく撮れていて、「言われるほど甘くないじゃん!」と感じるものばかりだった。「こりゃ初期不良かな」と思い、ピントチェックシートを使ってテストしたら、見事な片ボケ&ピンズレ。所有するAPS-Cカメラ・・・D7000、D90、D5200すべて試してみたがアウト。初期不良確定→入院とあいなった。ピンズレというか、光軸がズレてるのかも。

画像


この写真↑ ↑ ↑ を見てほしい。左下あたりの“国”の字が思いっ切りピンボケしているのがわかると思う。天晴れな片ボケ具合である。

今までいろんなレンズを使ってきたが、ここに来て初めて片ボケというものに出くわしたよ。いつかは来るかなぁ~とか思っていたら、ついに来た(^Д^;) かつてオリンパスのカメラを使ってるとき、シグマの20mm単焦点でひどい前ピンのレンズを掴まされたことはあったが、片ボケではなかった。今回入院となった18-270mmはベトナム製で、前述の70-300mmは中国製。中国かベトナムかといったら、個人的にはベトナムの方に肩入れしたいが、まだ工場自体が練れてなくて、こんな不良が出ちゃったのかね?なるべく新しめのシリアルのものを選んだんだけど、それが裏目に出たか?

会社のイベント用に使う、記録のためのレンズなんで暫く入院してても構わないが、未使用品として買った矢先に入院ってのは、やっぱちょっとガッカリだよね ちゃんと直ってくるのかな??

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック