聖なる人生

1982年のクリスマスイヴ‥あるアニメ特番が放映された。その名は“愛の奇蹟 ドクター・ノーマン物語”。この作品をご存知という奇特な方はいらっしゃるだろうか??

1982年といえば私は小学校高学年。鍵っ子だった私は、たまたまTVでやっていたこのアニメを一人ぼっちで見た。ストーリーは、恐らくデヴィッド・ジャンセンの“逃亡者”あたりを下敷きにしているのではないかと思しきもので、主人公は外科医で名はオッペンハイマー。誤って子供を跳ねて死なせてしまい逮捕されるが逃亡‥“ノーマン”という偽名を使いスラムで潜伏生活を送っているのだが、これを執拗に追う刑事がいるという構図は、結構“逃亡者”に似ている(笑) まぁ“逃亡者”の場合は冤罪で、”ドクター・ノーマン”の場合は本当に人を死なせてしまっているんだけどね。さすがに37年前に見た作品なので記憶も甚だ朧だが、刑事と跳ねた子供の母親に正体を掴まれるんだと思った。しかも母親は結構身近にいる女性だったとも記憶している。最後はスラムを潰しにかかる陰謀のようなものに巻き込まれ、それを阻止するためにノーマンは命を落とすんじゃなかったかな? 11~12歳くらいの記憶なもんで、かなり曖昧。

このアニメ、ストーリーとか絵柄も非常に良くて感動したんだが、何にも増して少年の私が強烈に心を持って行かれたのが、主題歌。タイトルを“Santa Vida”という。スペイン語かな? “聖なる人生”という意味だろう。番組が始まって早々この曲がかかって、やたらめったら印象付けられた。それこそ原体験とでもいうレベルで心に刻み込まれたさ。なんてったって37年も経って、こんな記事書いてるくらいだからね。

この番組を見たあとのある日、親に連れられ近郊の某スーパーへ赴いた。忘れもしない、今は無き北坂戸の忠実屋だ。この店のレコード店にて、なんと“Santa Vida”のシングル盤を発見した。驚いたのなんの その時はそのまま帰ってしまったが、どうしても欲しかった私は後日一人で電車に乗って北坂戸まで買いに出掛けた。そのとき買ったレコードがこれ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


IMG_3691.jpg


多分1983年の初頭に買ったものだと思う。物持ちがいいでしょww ジャケがもっと綺麗だったらプレミア付くだろな。



・・・さてお立合い。

なんだって2019年、令和元年の今頃になってこんなレコードを引っ張り出して、こんな記事書いてるかっていうと、ある恐ろしい発見をしたから。驚くべきことに、なんとYouTube上でこの曲がアップロードされていたからだ。何の気なしに検索掛けてみて、見つけたときは一瞬目を疑ったわ YouTubeマジで恐ろしいな。どこのどなたか知らんけど、よくもまあこんなレアな曲をアップロード‥ってか、よく持っていたものだ。しかもどういうわけか、異常に音がいい。こんな大昔のレコードを再生してデジタル音源化しても、スクラッチノイズやパチパチノイズの1つや2つは入ってるはずだが、これが全然ないの。優秀なソフト使って処理してるんだろか?? マスターテープでも使っているかの如き音質だった。上の写真の、私が所有するレコードを再生しても、結構なノイズが乗るだろう。


何十年ぶりにこの”Santa Vida”と再会したわけだけど、やっぱり好きな曲だった。すごくいい曲。当時小学生だった私の耳と審美眼は確かだった。今時のアニソンなんか足元にも及ばないわ。何時間もリピートしてしまったよ ほんとに原体験のような曲なもんで、心に刷り込まれてるんだろね。歌詞までちゃんと覚えてて歌えたもん😃 中学に入って英語が読めるようになって、この曲の歌詞を覚えたが、30年以上経っても忘れてなかった。まさに原体験 スピリチュアルで宗教的な内容の詞で、クリスマスイヴの特番ってことでこういう詞にしたのかな?アコースティックなアレンジとよく合っている。歌っている方はスージー・キムという女性で、クラブ・ナンバーの“Try Me”を歌っているスージー・キムと同一人物かどうかは不明。でも多分同一人物。声がよく似てるし(非常に魅力的な声✨)。

では、少年時代の私が心を打たれた”Santa Vida”を貼っておきましょう。うp主に感謝

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント