next move

先日Talcの記事書いてて思い出してしまったユニット、ヒュー&クライ。スティーリー・ダンのフォロワーの名前を列挙してて、「あー、そういやヒュー&クライっていたわぁ」ってね。つーわけで、私が唯一持ってる彼らのアルバム"next move"についていっちょ書いてみようかと。

ヒュー&クライ・・・ぶっちゃけ彼らがどういうユニットなのか、またその沿革など殆ど知らない。知ってるのはスコットランド出身の2人組ってことだけ。では何故"next move"というアルバムを入手してしまったのか?あれは確か、新宿の大手外資系のCDショップ・・・タワレコじゃなかったかな?ヴァージンメガではなかったはず。なんかの用事で新宿に行ったときに立ち寄って、キャプション見て購入したんだと思った。そのキャプションにスティーリー・ダンのフォロワーとかなんとか書いてあったんだよな。もう20年くらい前のこと。当時はこういう買い方を結構していた。予備知識ゼロで、試聴もせず勘やニオイで買ってしまうという。

で、帰宅して早速コンポ(当時はコンポで聴いていた)に突っ込んで再生してみる。1曲目の"She Moves Through the Wires"で、これは当たりだと確信できた。えらいかっこいいし、演奏がやたらと上手いんだな。英国のセッション・マンによる演奏なのだろうか⁇ おまけに録音もいい。グッと来たね それ以外も佳曲で占められ、個人的には名盤と呼びたい出来だった。当時はスティーリー・ダン・フォロワーという先入観で聴いていたものの、今聴くとそんなにスティーリー・ダンっぽさを感じないかも(^_^;) 全体的にスティーリー・ダンよりソリッドで力強い。この音はAORの括りではない。なんだろねこれは?? ドラムンベースみたいなのもあるけど、これは時代だな 凝ったコード進行なんかはスティーリー・ダンっぽさがあるかね。ありきたりのものを拒否するというか、知性を感じる。特に上記の"She Moves Through the Wires"のコード進行が気に入ってる。ヘンな浮遊感があって、どう解決してくのかな?って思わせる進行。

しかし、久しぶりに聴いたが改めてかっこいいわ あのときこれを買ったチャレンジャーな私、ナイスですww



Next Move - Hue & Cry
Next Move - Hue & Cry

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント