洗車

フェンスを洗うのに高圧洗浄機を復活させたついでに、天皇誕生日の今日、高圧洗浄機でもって洗車なぞしてみた。いや~、最後に洗ったのいつだ⁇ まるで覚えてないな。去年車検だったので、その際洗ってもらったと思うのだが、それ以来私のジムニーは洗われてなかった💧

かつては、会社まで乗り付けて広い敷地で何の気兼ねもなく洗車していたものだったが、社長が監視カメラを仕掛けるとかいうセコいことをやり始めたので、それから自宅で洗うようになった。しかし、そんな某赤い国のような監視体制の会社もとっくに辞めたけどね。

手っ取り早く済ませたいときなんかはGSの洗車機使っちゃうけど、私はあまり洗車機を信用していない。やっぱり細かいところやホイールまではちゃんと洗えないから。手洗いに勝るものはない。

ジムニーは車高が高く、脚立がないとルーフが洗えないという難点はあるが、車体自体がちっちゃいので比較的洗車は早く済む。10数年前に乗っていたステージアに比べりゃ、幾分楽だと思う。ステージアはデカかったからね。

前々から思っていたんだが、高圧洗浄機を使った洗車って、何気に良し悪しなところがある。高圧洗浄機のメリットの1つは、水道から直にホースで水をかけるのより水量が節約されるところなんだけれど、実はそれが地味にデメリットでもあったりする。高圧洗浄機で洗車したことある方なら恐らく気付いているかもしれないが、車に付いた洗剤を流そうとしてもなかなか流れてくれんのだ。水の絶対量が少ないからである。ホースの代わりに高圧洗浄機でバケツに水を貯めようとするとよくわかる。なかなか貯まらない。高圧洗浄機ってのは、少ない水にモーターで思いっ切り圧力かけて噴射する機械だ。だから車体にこびり付いた泥、鳥のフン、虫の死骸なんかを吹っ飛ばすとかいう用途ではかなりの効果を発揮する。むしろそういう用途に特化していると言っていい。高圧洗浄機を使って洗車する場合、使う洗剤も泡切れのよいものをチョイスした方がよいだろうね。私は何の変哲もない、テキトーに買った洗剤を使ってるけどw 我が家からそう遠くないロケーションにある古河薬品工業製。 随分前に買ったやつだが、なかなか使い切らない
IMG_3810.jpg

ついでにコーティング剤はウィルソンのものを使用。これもだいぶ前に買ったやつだが、まだ使い切らないww つーか、これってかなりの少量吹いただけでめっちゃ伸びるの。だからなかなか減らないんだわ。しかも洗って濡れたままのボディに使えて非常に楽チン。仕上がりも綺麗。これはお勧め
IMG_3809.jpg

さて、洗車したはいいが、ここんとこ風がやたらと強い北埼玉。洗った途端にたちまち埃だらけになってしまうであろうマイ・ジムニー。次回の洗車はいつになることやら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント