生まれ変わらせたい

今回、結構失礼な内容になるかもしれない

あれは私がCD屋で働き始めて間もない頃だっただろうか、サンプラーかなんかでとある曲を耳にする。妙に心にひっかかるその曲とは、真心ブラザーズの"サマーヌード"だった。「お、かっこいいじゃん!」と思いつつ、なんだかヘンな違和感を覚えたその曲、現在に至るまでその違和感が離れたことはない。

その違和感の正体とは??

これはもう、聴いてからさほど時を経ずして判明しているのだが、楽曲そのものと真心ブラザーズの倉持陽一のヴォーカルのミスマッチから発せられる違和感だった。"サマーヌード"という曲は、メロからアレンジに至るまで、タイトルが表すように夏全開の、シティ・ソウル寄りのライトなファンクである。それこそイメージは角松敏生オメガトライブ(笑) それに対し倉持のヴォーカル・スタイルは、爽やかさもリゾート感も全くない、非常に失礼な言い方をすれば少々下品な感じのするものだ。しかもトーシローっぽくてカラオケちっくというか‥(ほんと失礼)。シティ・ソウルやAORなどの対極にあるスタイルと言っていい。それ故、楽曲はとても気に入っているにも拘らず、車やその他ポータブルの選曲に入ることもない。楽曲の良さより違和感の方が勝ってしまっているのだ(ToT)

私はこの曲を聴くたびにいつも思ってきた。「俺、この曲を誰のヴォーカルで聴きたいかなぁ??」ってね。YouTubeでこの曲のカバー・バージョンを探してみる。いくつかあることはあった。ぶっちゃけ全部イマイチだった。イマイチどころか、これならオリジナルの方が全然いいってのもあったわ。某ジャ〇ーズのYが歌ってたが論外。birdのも聴いたけど、これもイマイチ。土岐麻子は"サマーヌード"がどうこうって以前に、合わない。残念ながらあの人が何を歌ってもいいと思ったことがないのよね。クラムボンのも、ありがちなアコースティックなアレンジがスルー対象。

こうやってカバー聴いてみて、私は男性ヴォーカルでしかもオリジナルのオケで聴きたいってことに気付いた。アレンジはいらない。あのオケがベスト。オリジナル・カラオケに誰か気持ちいいヴォーカルを付けてみたいね。さぁ、誰が合うだろう?? ふっと頭に浮かんだのは、TOTOのジョセフ・ウィリアムズ それも"ファーレンハイト"とかの若い頃のね。あの声好きなんだよなぁ しかし彼はアメリカ人だし、時間も戻せないので完全アウト。日本人に限定しよう。杉山清貴?あ~なかなかいい線?? 他には?? 達郎?う~んちょっとビミョーか?? 佐藤竹善?? さらにビミョーww 小田和正?全く違うだろ。大滝詠一?? 生き返らせらんない

・・・結局、結論は出ないな💧💧💧 そもそも邦人のヴォーカリストをあまり知らないんだよな(;´Д`)


なんだったんだこの記事・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント