日帰り温泉

ここ数ヶ月は行けてないが、私はよく気分転換に日帰り温泉に行く。私の住む埼玉には結構日帰り温泉が多くて、車で数分のところにもいくつかある。そんな日帰り温泉だが、私なりに基準があって、まず大前提として天然温泉であり、①料金¥800以下 ②掛け流し ③家から2~30km以内 ④サウナあり ⑤露天風呂あり 以上の条件を満たすところに行くことにしている。近所に天然温泉だがサウナも露天風呂もない小さな温泉があるが、ここは10年以上前に行ったきりで、それから行ってない。サウナも露天風呂もないと、開放感もないし非日常を味わうという気分転換にならないから。

私が1番よく行くのが近所の極楽湯羽生温泉で、次に春日部温泉湯楽の里、たまに百観音温泉、さいたま清河寺温泉、熊谷天然温泉 花湯スパリゾートあたりに行く。少し前は行田天然温泉 古代蓮物語にもよく行っていたんだが、ここはコロナ騒動以後ずっと休業している。いい加減長く休業しているが、復活するんだろうか??

温泉ってのはその日の体調でかなり気分が変わるもので、疲れ気味のときや体が凝っているときなんかは、暫く湯に浸かっていても平気で心地よさを感じられる。だいぶ前、帯状疱疹を患ったときの温泉はじっくり浸かることができた。逆に体調が割といい日なんかは、なんか体が受け付けないというか「あ~もういいや」ってすぐに上がってしまうw 長湯するとすぐ逆上せる。温泉の恩恵を享受するには体のキャパに空きがないという感じかね。

私は基本的に温泉は昼間にしか行かない。夜は混むから嫌なのだ。そして昼間の温泉に行くときは何気に天気も重要で、私は曇りとか雨の日に積極的に行くようにしている。何故か?晴れた日は露天風呂入ってて日光が眩しかったり、日差しが強いとサウナや長湯で火照った体を冷却するのに都合がよろしくないのだ。特に真夏なんかこれが顕著。爽快感がない。真冬の曇った日の露天風呂が1番好きかな。適度に風が吹いてると更に良し。寒いどころか大変心地よい。こういうのを味わいたいがために露天風呂に行く。

このような日帰り温泉、心地よいことばかりでなく、運が悪いと人が気分良く入浴している傍でデカい声で会話を始めるオヤジ連中に出くわすことがある。恐らく常連なんだろうが、こういうのは日帰り温泉に限らずどこの温泉やスパ銭に行ってもいる。まぁ不快なことこの上ない。ほんと、無駄にデカい声で話すんだあいつら 百観音温泉なんかは、「他の人の迷惑になるから会話は控えよう」みたいな張り紙が貼ってあるけど、あれ全部の温泉に貼ったほうがいい。それか監視員みたいなの巡回させて、煩い奴を注意するとかいいかも。そういうんで監視員に逆ギレして入場禁止にでもなりゃありがたい。

日帰り温泉、昨年の11月くらいから行ってないなー。近いうち行くとするか。さて、どの温泉に行こうかな~?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント