テーマ:音楽

R.I.P. ウォルター・ベッカー

昨日、Yahooニュースを見ていたら、とんでもないニュースが眼に飛び込んだ。 ウォルター・ベッカー氏死去。 私が敬愛してやまないスティーリー・ダンの創設者の1人である。もう1人の創設者であるドナルド・フェイゲンの追悼メッセージも紹介されていて、ヘンに讃えてみたりせず、ドライさのある文章が彼らしくもあったが、50年来の友人で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボッサ・セッション

1年ぶりくらい?にCDを買ってみた。その名も“ボッサ・セッション”。古いボサノヴァに明るい方ならご存知であろう、かのエレンコ・レーベルの作品である。私もナラ・レオンとかバーデン・パウエル、タンバ・トリオなどいくつかのエレンコ作品を所有している。何がいいって、まずジャケ・デザインがいいね。エレンコ作品独特の、モノクロ(たまに赤だけ入る)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリオカ2人

8/27、奇しくも浅草サンバの日、サンバとは別のブラジル絡みのイベントに行ってきた。イベントっつーか、ライヴね。何年振りかのブルーノート東京へ、私が敬愛するイヴァン・リンスとジョイスのジョイント・ライヴのために足を運んだ。私をこういうライヴに誘ってくるのは、やっぱりいつものK氏だったりする(笑) 彼とは以前にもイヴァンとジョイスを見に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スムース・リユニオン

数ヵ月前、いつものYouTube巡りで発見したユニット、その名はスムース・リユニオン。 確か、誰かが作ったプレイリストで、割と新しめのAORを集めた“ドライブ向けミュージック特集”みたいなやつの中に、このスムース・リユニオンが含まれていた。スムース・リユニオン以外もいい線行ってたんだが、私はこのとき聴いた彼らの“ミスター・マレット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「こんばんはサンプラ!」

12/22、5年ぶりの山下達郎のライヴに行ってきた。前回はNHKホールだったが、今回は中野サンプラザ。サンプラは実に21年ぶり、ジェイ・グレイドンを観に行った以来の再訪だった。 前回は再三登場の友人K氏がチケットを取ってくれたのだが、今回は会社の上司(常務)が取ってくれた。正確には常務の知り合いの方の力によるものらしい。先日、常務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AOR熱 再燃

この前のマイケル・オマーティアンの流れというわけでもないが、実はちょい前からAOR熱が静かに再発してきている。何気にちょこちょこAORの音源をゲットしていたりするんだな。私も自分で結構なAOR野郎だと自負していたにも拘らず、まだまだ私が知らないAORもわんさかあったんだなと思い知った次第。そこでここ半年くらいで私が「おおっ☆」と思ったA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Whachersign vol.2

随分前に書いた、単発記事だったはずの“Whachersign”の、異例の第2弾。たまげたことがあったので書くことにした。 先週から都内の某大学のセミナーに参加することになり、電車移動中の騒音対策&退屈しのぎ用に安いmp3プレイヤーを購入した(グリーンハウスのkana DRIVE(カナ・ドライブ)ってやつ)。昨日届き、せっせと曲を放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソウルバー

先週末7/25、常務とU課長といういつも一緒に飲んでいる3人で、上野のソウルバーに行ってきた。常務が取引先の人に連れて来られたことがあるとのことで、「今度一緒に行ってみよう!」と誘われていて、それが7/25に決行となった次第。この7/25という日取り・・・心配だったのが隅田川の花火。最初、常務の行きつけの寿司屋で軽く食ってからバーに向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャカタクとモーニング娘。

先ほど、炎天下で久しぶりのチャリ乗りを楽しんできて、程よく日焼けしてしまいエアコンかけた部屋でYouTubeを鑑賞していたら、とんでもないものに出くわした。 なんとシャカタクのモー娘。のカヴァーである。たまげたね。曲名は“Morning Coffee”…調べれば、モー娘。のデビュー曲らしい。モー娘。なんて、せいぜい“ラヴ・マシーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある種の青

ある種の青・・・Kind of Blue。言わずと知れたモダンジャズの歴史的名盤で、マイルス・デイヴィスの代表作の1つである。私もほんの少しばかりジャズを聴く人間だが、“最も好きなジャズのアルバム”と問われれば、やっぱりこれになるんだろうなあ。 何もわからずジャズを聴き始めたのが、恐らく18~19歳の頃だったと思う。ジャズのムック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1年後の約束

最近色々忙しく、休日も野暮用でほとんど潰れており、ブログを更新する気力さえ失われていた。前回の記事が3/22だから、丸々1ヶ月以上ほったらかしにしといたってわけだ。皆様恐らく、このブログは終わったと思ったことだろう(~_~;) どっこい生きていたんだな(笑) 今回の記事を書くのを待っていたのだ。 昨年の5月、ある残念な出来事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安らかにマイク

私が敬愛するTOTOのベーシスト、マイク・ポーカロが闘病の末亡くなってしまった。満59歳。彼が患ったALSという病気は、運動を司る神経細胞(ニューロン)がやられてしまう病気のようで、要は体が動かなくなってしまうのだ。 楽器のプレイヤーにとってこれほど辛い病気はないだろう。意識はしっかりしているのに、体を思うように動かすことができな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな名曲があった

暫く前に発見して、すっかり記事にするのを忘れていた。 私は山下達郎のファンをやっているが、たまたまYouTubeで意外な達郎の曲がアップされているのを見つけた。 その曲の名は“キスカ”。山下達郎の隠れた名曲とか書いてあった。長らく達郎を聴いてきた私だが、こんな曲は名前すら知らなかった。昭和な私は“キスカ”と聞くと花王の殺虫剤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランケンシュタイン

何年振り?って感じかな。“何回聴いても飽きない曲”でも書きますか。 その曲の名は“フランケンシュタイン”。70年代きってのスーパー・マルチ・プレイヤー、エドガー・ウィンターの名曲である。いや、エドガー・ウィンター個人どころか、ロック史上屈指のインスト・ナンバーと言ってもよかろう。ご存知の方も多かろうが彼は、名ブルーズ・ギタリスト、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりJTQ ヽ(´∀`)ノ

数日前、なんとなくYouTubeでJTQを漁っていたら、不意を突かれたようにある曲に出くわした。 その曲の名は“Woman”。ジョン・レノンのカヴァーではない。れっきとしたJTQのオリジナルである。タメの効いたミドル・テンポで、体が揺れるほどの強烈なオフビート感を持ったソウル・ナンバー。もう、イントロのドラムだけでやられたわ。腰砕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンガルーポケッツ

・・・ちょっと前、中古で某邦楽のCDを買った。108円(大笑!!) しかも送料150円で、品物より高いという… Amazonや楽天で中古CDを買うときによくある現象だ。 このCD、当ブログの音楽ネタで紹介している数々のミュージシャンとは、ちょっと毛色が違うと思う(とは言っても、色んなの書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲上のCarmel

なんと、ジョー・サンプルが亡くなってしまった。元クルセイダーズのピアニストである。大学時代から今に至るまでずっと好きなピアニストだった。 彼のプレイは美しさとファンキーさ、そして少しの荒っぽさが魅力で、まさに独自の世界を築き上げていた。鍵盤の高音部をパーカッシヴにヒットする独特の奏法は、一聴してサンプルとわかる個性があり、ピーター…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1・10・3・10・1

1・10・3・10・1…ある意味暗号だなこりゃ  1・10・3・10・1→漢字化すると“一十三十一”となる(笑) 人名だ。これ、“ヒトミトイ”と読む。入力んときいつも思うんだが、変換めんどくさいんだよな、この名前(^_^;) そーいうわけで一十三十一の記事。実は8/31彼女を見に行ってきた。六本木はビル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アシッド・ジャズ vol.13

さて、巷はお盆休みでごんす 皆様、この暑い中いかがお過ごしでしょうか。私はクロスバイクに跨って近所をウロウロしとりやす サイコンによると、既に200km以上走ったことになってるようだ。かなり快適なんで、気が付きゃ15~20kmくらい走ってるなんてことがザラなんだよね。皆様にもお勧めしたいな。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボサノヴァの夕べ

8/3、かのK氏とともに世田谷は馬事公苑に出かけてきた。この暫く前に、“せたがや ふるさと区民まつり”なるお祭りが開催され、そのオーラスに小野リサが出るから見に行かんか?とお誘いのメールが来たのだった。世田谷という地名に、ふるさとというローカル色溢れる言葉をぶつけてしまうところに、言いようのないミスマッチ感を覚えたわ(笑) 小野リサもボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピチカート・ファイヴ

ピチカート・ファイヴ…書く予定はなかったのだが、ちょっと衝撃的なことがあったので書いてみることにした。 私GINO、渋谷系全盛の90年代に20代を過ごしたので、当然のように渋谷系の音楽もちょこちょこ聴いた。それほど熱狂的にブームを追っかけていたわけでもなく、唯一オリジナル・ラヴを例外として、それほど入れ込むようなアーティストはいな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Sleeping Gypsy

失意の千駄ヶ谷の日、K氏に連れられ超久しぶりのCD屋に足を運んだ。 紀伊国屋の隣のビルにあるこの店舗、入っていきなりド真ん前にビートルズの特設コーナー、おまけに店内BGMまでビートルズ。数時間前にポールを見ようとしてドタキャン食らった私たちへの当てつけorシンパシーとも思えるような偶然だった(ーー;) 店内でK氏と分裂して各々音源…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sir Paul

伊奈のバラ園の記事で匂わせておいた、あの日の午後の出来事を書いてみやう。 5/18の私はダブルヘッダーだった。AMは先にも述べたバラ撮影、そしてPMは東京でライヴを見るはず…だった。そう、本来であれば‥。5/18に千駄ヶ谷は国立競技場でライヴをやるはずだった超ビッグネーム←言うまでもなくポール・マッカートニーである。友人K氏のおか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SOLID SLIDER

ジャンクフジヤマというシンガーがいる。ご存知の方はいらっしゃるだろうか? 先日、常務と達郎系の音楽の話をしていたら、彼の口からこの名が出た。私は全然知らないシンガーだったのだが、私が「達郎系で凄く面白いユニットを発見した」と、流線形の話を振ろうとしたところ、「もしかしてジャンクフジヤマ??」と切り返されたのだ。これがきっかけ。達郎…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

古内東子

古内東子…一時よく聴いていたな~。今どういうポジションなのか知らないが、かつてはその詞の内容から、“恋愛の教祖”などというレッテル貼られて、女性に支持されていたシンガーである。そういうつまんないレッテル貼られちゃうと、オトコの私としてはあまり大っぴらに「古内東子好き☆」とか言えなくなっちまうわな(‐_^;) そんなこんなでだんだん聴かな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

目につく男

1~2年前からか、このバールド・コルスタッドという少年が気になっている。ノルウェイの人らしい。 ドラム好きの私としては、見ていて痛快。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流線形 ほか

久しぶりに、「おっっ!?」って思う音に出会った。 Amazonでちょいとサミュエル・パーディーの 探しものをしていたとき、下に出てくる“この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています”をカラカラめくってたら現れた。なんか、夜の公園かどっかの街灯の元、ランナーと思しき人物がつっ立っているという、狙いどころがまるでわからんジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽と上司

昨年暮れ、突如としてわが社に常務という肩書で取締役が入社した。うちの社長となんかで繋がりがあった会社の元社長で、社長を退任したのでうちに招かれた。私と3つしかトシがかわらないが、若く見えるね。 初めて事務所に来た日に専務が各人に紹介して回ったが、私の席に来たときPCの壁紙のジミー・ペイジを見て、「ギター弾くんですか?」と尋ねてきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚き桃の木シャングリラ

井川遥の角ハイボールCMに出ているピエール瀧繋がりで、ふと電気グルーヴの“シャングリラ”が聴きたくなった。どっかにCDがあったはずだが、探すのめんどいんで手っ取り早くYouTubeで聴こうと思った。“シャングリラ”ぐらいの有名曲がないわけがないから。 そんで探してみたんだが、この過程で偶然ある曲を見つけた。その名は“Spring …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デイン・ドナヒュー

さて、実に127年振りのAORネタざますJ.D.サウザー以来かな?この記事をカウントすればもうちょいブランクは短くなるけど(笑) TOTOやグレイドンの影響で血眼になってAORを掘り下げていたときに出会ったアーティストで、デイン・ドナヒューという人がいる。知名度はきっと相当低いだろう。中田利樹氏や金澤寿和氏あたりの著書をお持ちの方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more