テーマ:音楽

ロス・ロボトミーズ

私がTOTO、そしてスティーヴ・ルカサーのファンであることはあっちゃこっちゃで口酸っぱく書いてるけど、今回はまたもや彼らに絡んだ記事。ルカサーの記事でちょびっと触れてるロス・ロボトミーズなるバンドの話。 ロス・ロボトミーズってのはバンドと言って良いのか、メンバーは流動的でグレッグ・マティソン・プロジェクトと同じようなノリである。ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hush

不定期企画の“何回聴いても飽きない曲”、行きます。 今回は"ハッシュ"。この曲は色んなミュージシャンが演っていて、ちょっとしたスタンダードとも呼べる曲になっている。最初に私が聴いたのはディープ・パープルのヴァージョンだった。実はパープルもこの曲を1988年に焼き直しており、私はまず焼き直しの方をFMで聴き、そのあと1968年の1s…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニソン

今でこそTVなんか見ないが、子供の頃は結構なTVっ子だった。贔屓目に見なくても、昔のTVの方が面白かった気がするんだよなァ~。番組も面白かったし、ドラマにしろ歌番組にしろヴァラエティにしろ、出演者に魅力があった。私がTVを見なくなったのはいつ頃からだろう?? 最後に見てた連ドラは"電車男"だってのはよく覚えている😅😅😅 今から16年も前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジムノペディ

断食明けました🔆 3日振りの食事は結構質素で、朝はご飯とヲヤヂ作の切り干し大根の煮物、昼はウェイパーでテキトーに作ったわかめとキャベツのスープ、夜は無し。こんなペースを持続すれば、恐らくするする痩せていくんだろな。まぁでも、断食は再チャレを決めています。案外できると知っちゃったからww いつやるかな次は? さて本題。 か~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリー・ソウル

"フリー・ソウル"・・・果たしてこの言葉は令和に入った今でも通用するものなのだろうか?同様に"渋谷系"という言葉も、今使って大丈夫なんだろうか⁇ 共に90年代の若者の間で通用していた言葉である。それを言ったら私が日頃ネタにしている"アシッド・ジャズ"もだいぶ怪しい。90年代と言うと、私の20代の若き日にほぼほぼ重なる。そんな若かりし日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リトル・リチャード

暇なんでiTunesでHDDの音源の整理をしていたら、リトル・リチャードに出くわした。出くわしたついでにちょっと聴くつもりで再生する。ちょっとどころか、気が付きゃそのまま暫く聴き入ってしまった😅 リトル・リチャードは、エルヴィスやチャック・ベリーらと並び称されるロックンロールの創始者の1人である。この3人以外にもカール・パーキン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アシッド・ジャズ vol.15

私がアシッド・ジャズなんたらかんたらという話をすると、必ず登場するのがJTQことジェイムズ・テイラー・カルテットである。このバンドは昔から殊の外気に入っている。今は私が熱心に聴いていた当時とメンバーが変わってしまっているが、やっぱり昔のメンバーの方がいい。特にドラマーのニール・ロビンソンは最高である
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリウスB

この時期、南の夜空に一際輝く青白い星がある。シリウスだ。私はお風呂上がりに表で涼むのが好きなので、よく星を眺めている。田舎で周りになんにもないので、星はよく見えるのだ😅 さて、今回はシリウスBというバンドについて迫ってみる。このバンド、今いるのかどうかは知らないが、以前よく聴いていた。当ブログのボッサ関係の記事によく登場するような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポンタさん

普段新聞は殆ど見ないが、今しがたチラ見した新聞で驚いてしまった。 訃報欄になんと村上”ポンタ”秀一さんとあるではないか!! 享年70。 あぁ、ポンタさんも逝ってしまったのか‥。彼の参加している音源は、実はあまり多くは持っていないのだが、好きなドラマーだった。特徴的なグルーヴを持つドラマーで、私は彼のスネアのタイミングが好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続グレッグ・マティソン・プロジェクト

昨日書いた記事にちょっと補足。 グレッグ・マティソン・プロジェクトに関して、もう1つどーしても伝えておきたいことがあったんだが、記事の長さ及び流れ的に書き足せなかった。何年か前にたまたま発見してしまった、グレッグ・マティソン・プロジェクトのコピバン"MESSIAH"の動画↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  YouTub…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレッグ・マティソン・プロジェクト

このブログを始めて今年で12年目‥なんでこのネタを今まで書かなかったんだろう?チョイチョイ触れてはいたけど、GINO(このHN言うのも久しぶり)的にちゃんと書いとかないとダメなネタなんで、今回書くことにした。 私はTOTOのファンであり、ジェイ・グレイドンのファンでもある。今回取り上げるグレッグ・マティソン・プ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古くても古くない曲

"古くても古くない曲"と聞いて、皆様はどんな曲を思い浮かべるだろうか?? 私の中ではエルトン・ジョンの"ロケット・マン"もカウントされるが、それ以上に真っ先に挙げたい曲がある。10ccの名曲、"アイム・ノット・イン・ラヴ"だ。この曲は一種のミラクルだと思っている。聴く度に輝きを感じるし、1975年‥今から46年も前の曲だというのが嘘みた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレンダ・ラッセル

最近このブログを復活させて、記事を書く度にネタが湧くような状況になってる😅 この前のディオンヌ・ワーウィックの記事でポンと名前が出てきて、「あ、ブレンダ・ラッセルいたわ~」と、この記事を書くことを思い立った。 ブレンダ・ラッセルは、私の志向及びそのAOR度数を考えるともっと早く取り上げるべきだった。彼女は黒人であるけれど、私はソウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

達者シンガー vol.6

そう言えば、達者シンガーってシリーズ記事書いてたの思い出した。過去記事見たら、最後に書いた達者シンガーは2012年の松原みきだった。この記事で彼女の"真夜中のドア"について触れているが、実はパクリだったいうのを知ってちょっとがっかりしたさ(あの曲を作ったのは林哲司で、彼女に非はないんだが)。 さて、達者シンガーの6回目、忘れていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田美奈子

これ、書いちゃいかん記事かもしれないが、書いちゃった 当ブログの音楽ネタをご覧頂ければお分かりと思うが、私の音楽的志向と吉田美奈子はドンピシャ☆‥のはずである。だがしかし、ここで白状してしまうと、私は吉田美奈子ってどうもイマイチ好きになれないんだよね‥。あちこちから叩かれそうだが、事実そうなんだから仕方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シティ・ポップとAOR

"シティ・ポップ"と呼称される音楽ジャンルが確立されていることを知ったのは、そう前のことでもない。恐らく2012~2013年くらいのことではなかっただろうか。いや、確立されてんのかは定かではないけど、こういう呼び名で通用する音があることは間違いなさそうだ。当時の職場の音楽好きの上司との会話で、彼がシティ・ポップ云々と言っていたのが知るき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

をまん

まず最初にヒトコト。タイトルで何かワイセツなものを連想しないように 薬師丸ひろ子の"Woman"という曲がある。"Wの悲劇"という彼女が主演した映画のテーマ・ソングだ。80年代は彼女や原田知世あたりを主演に据えた角川映画がブイブイ言わせていたなー。あの頃の角川映画のテーマは、主演の薬師丸やは原田が歌うこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rocket Man

ここらでいっちょ“何回聴いても飽きない曲”でも書きますか。チョーーー久々にwww "ロケット・マン" by エルトン・ジョン。 まず最初に、私はエルトン・ジョンのファンではない。同じピアノ弾き語り系のビリー・ジョエルと比較されることが多いみたいだけど、私は"摩天楼のピアノマン"こと都会的なビリー・ジョエルの方が全然好きである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音と激テク

久しぶりにギターの話。 私がギターを弾かなくなって久しいが、ギターが嫌いになったわけではない。単にギターを弾くという行為から興味が完全に失われただけだ。ギターを弾きたくはないが、聴くのは今でも十分好きである。当ブログでも色々書いている通り、ジェイ・グレイドンやスティーヴ・ルカサーなど、好きなギタリストもたーっくさんいる。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fotografia

このブログを読んでくださっている皆様には、安らぎを得たいときに聴く音楽などあるだろうか?私にはある。 2021年2月現在、私にとっての安らぎの音楽(曲)は、坂本龍一とブラジルのモレレンバウム夫妻が組んで発表した名作"Casa"収録の"Fotografia"である。このアルバムが出たときは結構話題になったっけ。でも私はリアルタイムで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある意見

ドラマーのマイク・ベアードを検索していたら、どういうわけか流れ着いてしまった、とあるブログ。 https://songsf4s.exblog.jp/9197689/ マイク・ベアードと同じくドラマーのジム・ゴードンについてつらつら書いている。ジム・ゴードンは昔から知っていて、クラプトン関係などのプレイを聴いてかっこいいドラマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

next move

先日Talcの記事書いてて思い出してしまったユニット、ヒュー&クライ。スティーリー・ダンのフォロワーの名前を列挙してて、「あー、そういやヒュー&クライっていたわぁ」ってね。つーわけで、私が唯一持ってる彼らのアルバム"next move"についていっちょ書いてみようかと。 ヒュー&クライ・・・ぶっちゃけ彼らがど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディオンヌ・ワーウィック

思わずタイトルを"ディオンヌ・ワーウィック"としてしまったが、私は彼女について語れるほどちゃんと聴いているわけではない。しかし是非紹介したい曲があるから取り上げてみた。 ディオンヌ・ワーウィックは黒人である。しかし黒人=ソウル・ブラコンという図式は彼女に関しては当てはまらない。デビュー当初から彼女が歌ってきたのはバカラックの曲だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生まれ変わらせたい

今回、結構失礼な内容になるかもしれない あれは私がCD屋で働き始めて間もない頃だっただろうか、サンプラーかなんかでとある曲を耳にする。妙に心にひっかかるその曲とは、真心ブラザーズの"サマーヌード"だった。「お、かっこいいじゃん!」と思いつつ、なんだかヘンな違和感を覚えたその曲、現在に至るまでその違和感が離れたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Talc

4~5年くらい前になるだろうか、Talcなるユニットに出会った。 私がスティーリー・ダンの熱心なファンであることは当ブログのあちこちで書いているが、このTalcもスティーリー・ダン・フォロワー漁りでばったり出会ったユニットだった。時折思い出したようにスティーリー・ダン・フォロワー漁りやるんだよね。そうすると思わぬ発見をすることがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨星、永遠に還る

マスメディアが信用できなくなってきたので、ここ最近ニュースを積極的に見ようとしていないんだが、たまたま見てしまった今朝のYahooニュースで、また見たくないニュースが‥。 チック・コリア氏、がんで死去 偏向報道の激しい昨今のマスメディアだが、こんなところで嘘書いても仕方ない。チックが亡くなってしまったそうだ。享年79…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やるなぁ‥

YouTubeでたまたま出くわした動画。 たまげたね。長年のグレイドンファンの私としては、このような女性がいることはとても嬉しい。 この音作り、リズム感、使用ギター(なんかオールドっぽく見えるが、カスタムショップのリイシューだろうか?)、さらには選曲‥最高である カッティングなんか泣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アシッド・ジャズ vol.14

《すっっっっっっっげー放置してた未完記事を完成させることにした。いつ下書きしたんだこれ??》 1990年代前半・・アシッド・ジャズがブームだったとき、有名無名のユニットorバンドがわんさか出てきてシーンを賑わせていたもんだったが、今回は無名派を取り上げてみやう。 ナイト・トレインズ。 どなたかご存知?? 知ってる人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Secret Admirer

せっかく何年かぶりにブログ記事を書く意欲が出てきたので、その意欲が吹っ飛ばないうちにある曲のことを書いておこう。 その曲名は"Secret Admirer"。2~3年前のある日、ほんとにたまたま見つけて、いきなり気に入った。ミドルテンポの16ビートのルーズめのグルーヴで、私の好みにスポッとはまった。発見のきっかけはやっぱりYouT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君は1000%

この記事でちらっと名前が出たので、オメガトライブについてちょっと書こうと思う。 まぁ、現在アラフィフ ・・・というか昭和30年代後半~40年代くらいにかけての世代にとっちゃ説明なぞいらんくらいのバンドである。AOR全盛期の後期に現れ、バブルが弾けるとほぼ同時に消え去ったバンド。サウンドはリゾート感満載☆ 当時の浮かれた日本を象徴す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more