ニコン4台

昨年暮れから今月にかけて、カメラを2台買ってしまった

D7200とD810の2台である。

昨年9月にD5500を買って、半年でまさかの3台 何をトチ狂ってしまったのか、自分でもよーわからんが、とにかく怒涛の如く買い求めてしまったのだよ。但し、D7200を購入する際、D90とD7000及びシグマ20mmf1.8
単焦点、タムロン17-50mm(A16)を下取りに出したと。D90もD7000もいいカメラで、特にD7000は気に入っていたんだが、D7200という後継機種をゲットするにあたり、手元に置いとく意味が無くなってしまったのでサヨナラしたのだ。これで現在私の手元にあるデジイチはD700、D5500、D7200、D810の4台となった。D700…実はこいつも売ろうかどうか迷った。D810を買う引鉄を引いたのは、他でもないこのD700の描写性能のキビしさだから。D700は高感度に強いんで有名なカメラで、確かに私もそこに魅力を感じて買ったわけなんだが、ここ何年かいかんせん絵のザラつきが気になってしょーがなかった。同じシチュエイションで使ったD7200や、ちょっと前に持ってたD5200の絵と比べるとやっぱ時代を感じてしまったわけよ。で、今私が狙うフルサイズって言ったら、もうD810しか眼中にないわけで。シャッタースピードが1/8000で撮れるのは、巨大で高いD1ケタ以外ではD810しかないんすよ。そんで数ヵ月さんざん迷った挙句、ポチってしまいましたとさ。D810を買う際、なんでD700を下取りに出さなかったのか? まぁ、出したところでめっちゃ安く叩かれるし、それ以前にやっぱ思い入れがあるのよね、このカメラ。私が初めて買ったニコン機だし、晴天の屋外で撮った写真は「おっっ!?」と思うような光るとこあるから。なんか絵の味付けがちょっと違うような気がするんだよな、D700は。特に空の色なんかね。青味がなんか違うの。ボディも重くてデカけりゃ、シャッター音も“バシャッ☆”と、やたらデカいし、そんなとこも含めてなんか愛着があり、手放すのが惜しくなってケースの中に鎮座しとります。

さて、立て続けに3台もカメラ買ったはいいが、勉強やらなんやらでここんとこめっきり写真を撮りに出掛けてない。まともに撮りに行ったのは、多分このときが最後。ちょっくらどっかに撮りに行くか。D810と一緒に名玉の呼び声の高い、シグマ24-105mm F4 DG OS HSMも買ってしまったし(爆)、そのテストもしたい。今だったら梅の花もいいが、なんか街並みとか都市を撮りたい気分。どっかに面白い街ないかな??

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック