名もなきパスタ

一昨年前の秋、ヲヤヂが入院した。出先で突如気を失ったらしい。たまたま知り合いと一緒で救急車を呼んでくれたため大事には至らなかったが、10日くらい入院していただろうか? 父子家庭のため、その間私は独り暮らしになったわけだが、久々の自炊生活を強いられる羽目となった。そう、我が家はデフォルトでヲヤヂが台所に立っていたのである。

独り暮らしは何度か経験しているし、元々料理は嫌いではなかったので、自炊もさして苦にならなかったのだが、このヲヤヂ入院を期に台所担当が私に入れ替わった。故に一昨年前の秋から今日に至るまで私が炊事、おまけに洗濯をやっているのである💧

ネットの時代はほんとに便利なもので、昔みたいに料理本などめくらなくても料理のレシピがこれでもかってくらい満溢している。そんな過剰供給気味の選択肢の中から、興味あるもの・自分が食べたいものを選んで、これまで結構なメニューを作ってきた。機会があれば、それらを紹介する記事でも書こうかしら?

さて、料理といえば私はパスタが好きな人である。ぶっちゃけ3食パスタでもイケるくらい。てなわけでちょいちょいパスタを作るわけだが、世の中パスタの銘柄も掃いて捨てるほどある。お馴染みのものから聞いたこともないようなものまで、一体いくつあるんだろ?? まぁ、我が家は大抵の場合ド定番のマ・マーに収まるんだけど、みんな大好き業務スーパーで謎の舶来銘柄を買ってくることもある。安いからね~😅 で、あんまり美味くないと😅😅😅

つい先日のこと、またパスタでも作ろうかなと思い、毎日あちこちふらふらしてるヲヤヂにパスタのお遣いを頼んだ。で、買ってきた謎なパスタがこれ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

IMG_1181.JPG

見たことも聞いたこともない国産パスタ。群馬は太田市の赤城食品なる会社が製造しているらしい。「おいおい、これ大丈夫なん??」と内心思ったものの、ヲヤヂにパスタの銘柄とか指定しなかった私も悪い。買ってきちゃったものはしょーがないので、そのまま作ることにした。沸騰した湯にぶっ込んで指定の8分茹でる。はい、できましたスパゲティ・ミートソース☆ 見た目は悪くない‥というか、まぁ普通のパスタ。若干色が濃いような気もする。いざ食す。いただきます。パクッ☆彡


・・・。


ををう


美味いっす


いや普通に美味い。マ・マーより美味いよこれ そこそこコシもあるが、アルデンテなコシをウリにしているわけでもなさそうで、モチっと歯ざわりが印象的。なんつったらいいんだろ?? 言うなれば、讃岐うどんに僅かに通じるものがあるって感じだろうか?? こういうパスタを食った記憶がないな。"洋食屋さんの‥"と謳っている通り、巷のパスタ専門店で供する類のものではないことは確か。イタリアの片田舎の農家がお昼に食べてる生パスタがこんな感じなんじゃないだろうか?と、勝手な想像をしてみる。昭和の時代の、あまりお洒落さのないパスタをグググッと美味しくしてみましたって感じかね。今のようにアルデンテなんて言葉が普通に通じることがなかった時代のパスタね。

ヲヤヂと二人して食べながら、「美味いなこれ。いくらした??」と訊いたら、「安かったよ」と一言で終わった これから我が家のパスタはこの赤城食品の"洋食屋さんのトップスパゲッティ"に落ち着きそうである。消えて無くならなければいいけどな、このパスタ

なんだかステマのような記事になってしまったが、私は赤城食品から金品等一切受け取っていません(笑)
赤城食品 洋食屋さんのトップスパゲッティ 1kg
赤城食品 洋食屋さんのトップスパゲッティ 1kg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント